「オツキヨウカ」卯月八日の花竿立て

卯月八日の花竿立ては
山の神は山におかえりいただき風の神・田の神に感謝してお守りいただくように祈る慣わしです。
皮をむいた高さ7mほどの若杉に、花を飾って庭の見晴らしのよい場所に立てます。
そのあと、屋根に菖蒲の葉を投げあげます。(写真はありません)

奈良県川上村高原(たかはら)にて
2018年5月8日
 
写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_10084289.jpg
d0058445_10112137.jpg
d0058445_10115010.jpg
d0058445_10242703.jpg

by dukesaloon | 2018-05-09 10:19 | 大和路 | Comments(2)
Commented by endomameo at 2018-05-19 09:52
微笑ましい写真ですね。小野さんの真骨頂だと思います。
Commented by dukesaloon at 2018-05-21 09:03
endomameoさん

何度かお話しさせて頂いておりますので
撮られる方も撮る方も余裕も有りで^^
それにしても可愛らしい子供たちです
<< 【天空のお堂】 蛇穴の汁掛け祭り >>