「神供」薬師寺花会式


 修二会花会式のしめくくりとなる3月31日の初夜法要の前には、神供が行われます。
これは咒師が神々を勧請し、練行衆が読経の後持っている松明を放り上げて神々に献じます。

花会式[はなえしき]とは、正式には修二会[しゅにえ]とも呼ばれる薬師寺で最大の行事の一つです。
この修ニ会とは奈良の色々なお寺で行われています。
例えば東大寺のお水取りも、東大寺における修ニ会の行事の一つなのです。(薬師寺HPより)

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_23452162.jpg
2018年3月31日撮影

by dukesaloon | 2018-04-01 22:52 | 修二会 | Comments(0)
<< 春日大社の枝垂れ 宵桜 >>