「手向山八幡宮」お田植祭(おんだ祭)〜節分

三月堂の南にある手向山八幡宮は、東大寺大仏を建立する時に守護神として勧請されました
節分撮影がはじめてだったので、友人に相談
手向山さんは東大寺の氏神さんだから、日本の氏神さんだよ
と勧めてもらいお詣りしてきました
写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。

d0058445_18095032.jpg

d0058445_18095710.jpg
まず「ことしの田んぼはどこにしようか」と探して境内を回ります

d0058445_18101509.jpg
「も〜」とかわいい牛さんの鳴き声に観客はメロメロ

d0058445_18102256.jpg
お祭りが終わると節分の豆まき

2018年2月3日 手向山八幡宮

by dukesaloon | 2018-02-04 18:58 | 大和路 | Comments(2)
Commented by pretty-bacchus at 2018-02-06 00:11
いにしえからのこういう行事が脈々と受け継がれているってすばらしいですね〜〜〜!
それを活写なさるのもすばらしいですね〜〜〜!
Commented by dukesaloon at 2018-02-08 22:58
pretty-bacchusさん

大仏さんと同じ歴史を共にしてきたお宮さんですよね
すんごいです
撮影は、なまけないようにがんばります〜^^
<< 「節分会」信貴山朝護孫子寺 若草山の山焼き >>