駒形提灯(祇園祭)


12日に函谷、月、菊水そして長刀鉾鉾などの曳き初め、
明けて今夕、駒形提灯に火が灯り、鉾町に祇園囃子が流れて熱い京都のはじまりです。
山鉾巡行は前祭・後祭(17、24日)とも日曜日に当たり、多くの人出になるでしょう。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_2271196.jpg
d0058445_2264679.jpg
d0058445_2272310.jpg

by dukesaloon | 2016-07-13 22:53 | 京都 | Comments(4)
Commented at 2016-07-15 05:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dukesaloon at 2016-07-15 19:34
鍵コメさん

これは欠かせないですね。
そして、おめでとうございます。
Commented by 城南太郎 at 2016-07-15 22:50 x
こんばんは!

この頃は少しは涼しくなるのでしょうか、
提灯に灯りがともり、お囃子が聞こえて来るんでしょ、
想像するだけで何だかワクワクしてきますね^^
提灯越しに見える二階の浴衣姿、
ああ〜 なんだかいいなぁ〜
風情ある祇園祭、私もこの場に居たいなぁ〜
あっ、今、涼しい風が通りを抜けて行きましたよ・・・
Commented by nori at 2016-07-16 10:12 x
太郎さん

おはようございます。
祇園さんの開催がこの時期ですからお昼間は、うだるような暑さですよね。
それからするとこの時間帯は、幾分しのぎやすくなります。
と言っても機材をもって鉾町を歩くとまぁそれなりですね^^
運動不足体型のわたしには、そうとう堪えるかも。

ですね。
なんと言っても動く美術館といわれる各町ご自慢の山鉾は見応えがあって
提灯越しに垣間見える浴衣姿は、我が国の誇りですねぇ。
しかしよくもこれほどの装飾品を揃えたもので、京の栄華ってめちゃくちゃ凄いですね!!
継承する困難さもよ〜くわかります。
金沢も大きな歴史がありますから立派なお祭りがあるのでしょうね。


<< 「音頭取り」祇園祭山鉾巡行 「なごり蛍」(大柳生白砂川の蛍) >>