油はかり

2月18日は、修二会で灯明に使用する菜種油の「油はかり」が行われました。
納入する人が、三つの油壺に油を注ぎ目盛りのついた木で測ります。
お堂の中からは、堂司と処世界さんが立会います。
お松明や声明以外にもこういう所作が各日にちりばめられて、通えば通うほどクセになるホンマによう考えられた法会やなぁとつくづく思います。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_2155081.jpg
Feb,2015

by dukesaloon | 2015-02-18 21:35 | 修二会 | Comments(0)
<< お水取り お松明「青衣の女人(過去帳)」 >>