お松明「青衣の女人(過去帳)」

二月堂での修二会の期間中3月5日の夜と12日の夜「過去帳」が読み上げられます。
鎌倉時代、集慶(じゅうけい) という僧侶が過去帳を読み上げていたところその前に青い衣の女性が現れ
「何故わたしを読み落としたのか」と、恨めしげに問うたといいます。
集慶がとっさに低い声で「青衣の女人(しょうえのにょにん)」と読み上げると、その女人は幻のように消えてゆきました。 「東大寺HPより引用させていただいています」
この過去帳読み上げを楽しみに来られる方もたくさんいらっしゃいます

画像クリックで拡大できます


(2013.3.5撮影)上堂する練行衆に続き過去帳を掲げて続く童子さん Nigatsudo Todaiji

by dukesaloon | 2015-02-17 22:49 | 修二会 | Comments(2)
Commented by mrgonn at 2015-02-18 07:25
おはようございます。
お水取りは一度しか行ったことがありません。
撮影ポイントというか、三脚立てられるところは限られているみたいですね。
前回行ったときは、真下から必死にシャッターを切りました ^^;
大勢の人が来られるので、一度場所を確保したら身動き取り辛いですしね・・・
良い撮影ポイントがあればご教示ください。
Commented by dukesaloon at 2015-02-18 18:33
ごんちゃん

三脚が許されるのは唯一、下の駐車場だけです。
それ以外は基本手持ちですし、あれだけの観光客が集まられますので思うようにはいきません。
良い撮影ポイントをということですが、本当は撮影やめて下の芝生から拝見するのが一番でしょう^^
カメラを持っていくとどうしてもファインダーを覗いてしまうので今年は何日かカメラを置いていこうかと思っています。

練行衆上堂の場所はお昼から手水のところに並びます。
舞台なら4時頃から並べばなんとかなるかな?
今年からそれぞれ規制が強化されるようですからまた様子が変わるらしいです^^
<< 油はかり 二月堂修二会「お松明」 >>