交響曲第6番「雲海」

雲海おどる越後の里
このまま雲のうえを歩いて向こうに歩いていけそうでした
交響曲第6番「雲海」第一楽章から第四楽章を組写真でご覧ください
BGMは何がいいかな♪

https://www.youtube.com/watch?v=PKy-wvmhBxQ

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1931582.jpg
d0058445_19283751.jpg

d0058445_1929145.jpg
d0058445_19293219.jpg


DA12-24mmF4 ED AL[IF]
TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di
by dukesaloon | 2014-10-15 19:52 | JAPAN | Comments(12)
Commented by mori at 2014-10-15 20:44 x
おお!素晴らしい 一番下の画像、面白い斜光が出ましたね
こうなると 墨絵の世界に入って行くようです
真ん中の画像私も同じでした(霧が厚くて光芒が分からない位の霧でした)
お見事 星空から雲海墨絵迄 見応えある画像ですね
Commented by nontan91 at 2014-10-15 20:59
いやはや、参りました!
一枚目なんか、日本じゃないみたいです。
いや、地球上ではないみたい、いや、ジュラ紀あたりの
原始の汚れ無き地球の風景をタイムマシンに乗って
見に行ったかのようです。わたしならこんな光景目の前にしたら
「やったあ!」って歓声上げるでしょうね(笑)
Commented by nori at 2014-10-15 21:09 x
moriさん
コメントありがとうございます。
すべてはあなたと峠での出会いです。
感謝の気持ちでいっぱいです。
検索でかかっているようなので地名は遡ってデリートし越後としました。
60分のドラマを特等席で観た感じです。
一時、観客席まで雲海の中になったときには慌てました〜(爆)
Commented by nori at 2014-10-15 21:17 x
のんたんさん
ありがとうございます。
ジュラ紀って始祖鳥〜恐竜のころでしたっけ?
時代は少しすすみますが、棚田に立つと
この地を選んで気を切って道をつくり土手を稲作を営んだ先人
そして繰り返しつづけてきた人びとのことを思います。
この冬みず田んぼには、虫が育ち鳥が動物が共生している歓びがあります。

タイムマシンハイブリッド号は、どこにでもつれていいてくれる相棒^^
感性「わぉ!」「やったあ!」何度もあげておしっ○漏らしそうでした(笑)
Commented by fuuko at 2014-10-15 21:44 x
noriさん
「ペールギュント・朝」が響いてます♪
素晴らしい雲海に出会えたnoriさんの感動に感激してます \(^o^)/
Commented by nori at 2014-10-15 22:23 x
fuukoさん
BGMよかったでしょう♪
日の出前からすると2時間、あっという間の出来事に感激でした。
伝わってよかったです。
ありがとうございます。
Commented by trial05 at 2014-10-15 23:05
わぉ~~ 雲海男のお祭りやぁ~!!!
素晴らしい~ドラマ♪ 事に、3,4枚目!驚喜のnoriさんが目に浮かぶ・・・!
女神が舞い降りたんですね~、ご褒美に♪ 良かったね♪♪
Commented at 2014-10-16 00:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nori at 2014-10-16 18:25 x
トラさん
まさに歓喜でしたよ。
それも一時足元まで雲海が迫り視野がなくなりそうになってから
もう一度出現した経緯もありで〜。
女神いますいます♪
ほんま良かったです。
Commented by nori at 2014-10-16 18:33 x
鍵コメントさん
この世界にはまだまだ知らない、みたいもの、絶景があるんですね〜。
っていうか知らないことが多すぎて興味津々です。
Commented by シンシア at 2014-10-18 23:06 x
こんにちわ~

もうこの斜光の描写がたまりませぬ・・・・・・このお写真に
近い出逢いはありましたが、私の腕ではとても表現できず・・・・・
ほんと素晴らしいお写真です・・・。
Commented by nori at 2014-10-19 19:59 x
シンシアさん
ありがとうございます。
地元の方に教えていただきました。
98%は雲海がでるというポイントです。
あとは雲海の量と風と太陽。
腕より運だとおもいます。
今回は車中泊5日でした^^
<< 働く 秋すすむ星峠 >>