京都で過ごした学生時代 第2章

d0058445_1845963.jpg
津久見港

セメント工場とみかん作りが産業である九州の田舎町で育ったボクが、どうして京都に向かったのかと言うと、当時はフォークソングが流行っていたからなのである。フォークソングと言えば、北山修や加藤和彦と言う年代もいるかも知れないけど、ボクらのころにもう彼等はビートルズのような存在になりかけていた。

友人の影響でボクは西岡たかしさんが大好きで「まぼろしのつばさと共に」や「これがボクらの道なのか」などを、市民会館のステージで唄ったものだった。ボクはそんなに唄が上手いほうではないのだけど、メインVo、メインGt 担当の友人は(つまりボクがサイドVoサイドGt)、メッポウ甘く高い声でCBSソニーにスカウトされた。彼は呉服屋のあととりでハムレットの心境で「唄を唄うべきか家を継ぐべきか」悩んだ挙句、あととりを選ぶことになった。

祇園祭の頃には、京都円山音楽堂で宵々山コンサートがあり、高石さんや加川、高田渡さんを目の当りにしてコーフンしたのだものだ。(吉田拓郎は来たんだっけ?)。
フォークソングが好きで「京都に行きたい」という誠に不純な動機で学校を選んだわけなのである。
そんなことで高校の先生からは難しいと言われたのだけれど、同志社と立命を受験して立命に行く事になっちゃったと言う訳。


祇園祭
d0058445_18451733.jpg


当時、学び舎は衣笠、部活は広小路という学生生活を送っていたのだ。衣笠にある学舎に行くには、市電で糺の森から北大路を走って、烏丸車庫前で乗り継ぎ券をもらってわら天神で降りて通い、帰りは北野白梅町でパチンコをして帰るか、上七軒にある友人宅(正確には老松町にあるレース屋さんの息子)でギターを弾いたり、サイフォンコーヒーを飲んだりした。
広小路で部活があるときは、衣笠からスクールバスが便利で、生協で買った格安の回数券(たぶん一枚5円くらいだったと思う)で、国際モータースのスクールバスに乗っていった。
広小路学舎の近くにはJAZZ喫茶シャンクレール、河原町まで歩けばマンホールがあったりした。河原町に歩いて行く途中には丸善があって、よく梶井基次郎を気取って檸檬を置く真似をした。(田舎育ちの青年には精一杯のパフォーマンスだったね)

こんな風に書くと真面目に通学したように見えるけど、実は必修を4回生まで持ち越して卒業が危うかったりした。もっぱら下宿で小説を読み漁ったりJAZZを聞いたりして朝まで過ごし、夕方からバイトに出かけるというホステスさんのような生活をしていたのだ。バイトのお金はサントリーホワイトと食パンとオーディオに消えた。

記憶は定かではないのだが、ダイヤトーンのDS-251mk2をパイオニアのアンプで鳴らし、ビクターのターンテーブル、トーンアームAテクニカの先にデンオンのMC式カートリッジDL-103やシュアV-15type2を付けて、長岡鉄男さんの言いなりに位相がどうのとかコンクリートブロックを床に敷くと音がどうとか言いながらボコボコ床の下宿屋で聴いていたのだから笑っちゃう。

たぶん続く^^;

by dukesaloon | 2010-10-23 00:06 | 京都で過ごした学生時代 | Comments(12)
Commented by 日鷹 at 2010-10-22 20:37 x
noriさんは京都で私は熊本で・・・
似たような学生生活していたのですねぇ
西岡たかし・・・懐かしい響きがあるのです
でも大学に入った頃は井上揚水が学内でよく聞く歌となっていたなぁ
そういえばオーディオも色々作ったり買ったりしたなぁ
まったくもって当時のものは回路図ぐらいしか残っていないけどね

もう、当時の年齢の倍になってしまったですよね・・・
Commented by でか at 2010-10-23 00:10 x
長い文章を飽きさせずに読ませる文章力!
写真だけじゃないんですね~お上手なのは^^

声が素晴らしくダンディなnoriさん。
当時も素晴らしい歌声だったのではと想像します。
歌って書ける写真家さんですね(^_^)v
Commented by k7003 at 2010-10-23 03:40
シャンクレール、シュアV-15・・・懐かしさにウルウルしちゃうじゃないですかぁ、このを!(^_-)
Commented by Sofia at 2010-10-23 13:19 x
歌って書ける写真家さん・・・・。
すごいですね~。(*^。^*)

私より ちょっとだけお兄さんですね^^、noriさん。
私が中学から高校1年の頃、フォークが流行ってました。
私は佐藤公彦さん(ケメ)が作った「ピピ&コット」というグループが好きで、
よくTV神奈川や小さなライブ会場に 見に行ってました。
そのグループには 「どうぞこのまま」の丸山圭子さんもいたんですよ。
五つの赤い風船やガロ、南こうせつさん 良かったですね~。
Commented by fusami at 2010-10-23 14:13 x
おはようございます

noriさんと うちの旦那様
気が合うと思いますよ♪
主人は広小路でした(*^。^*)
Commented by nori at 2010-10-23 17:03 x
日鷹さん

もう3倍ですよ〜(*^o^*)
日鷹さんは熊本でしたね。
岡山から出来たっけ・・・?
もちろん陽水は全盛でしたよね。
都会では〜♪ジャンジャジャン♪

回路図が残っているって凄いです。
Commented by nori at 2010-10-23 17:04 x
NKさん

シオンクレールのママさんの逸話教えて下さいましたよね。
ここでは書けませんけど。
もっとウルウル続きますよ〜。
Commented by nori at 2010-10-23 17:09 x
でかさん

さすが、でか(刑事)さん、声から歌声を捜索ですね。
ウッホン!
まぁ、そんなには上手くないですけど、バラード系♪が得意だったり(*^o^*)
あまり調子に載せないで下さい。

歌って踊りだしちゃいますよ。
この、褒め上手刑事さ〜ん、
ありがと。
Commented by nori at 2010-10-23 17:22 x
Sofiaさん

ふふふ、お兄さんはちょっとだけですかね。
ケメ、懐かしい♪丸山圭子さんさんがね〜。
ガロもいいですね。
ブレッド&バターご存知?

当時の楽曲で年代を推し量ることが出来ます。
TV番組のBGMで、プロデューサーの歳がわかったりしますね。
キャロルキングのyou've got a friendとかジャニスのサマータイムとか
懐かしい楽曲が沢山ありますね。
Commented by nori at 2010-10-23 17:25 x
fusamiさん

お葉用の時間じゃないけど^^
マジですか。
ここのコメの皆さんが一挙に繋がってきました。
これにはびっくり!!です。

fusamiさんのご主人きっと素敵な方なんでしょうね。
お話し合いそうです。
Commented by Sofia at 2010-10-23 21:49 x
再び・・・
キャロル・キングはここにUPしてます^^。
http://i-love-80smusic.blogspot.com/2009/02/youve-got-friend-1971.html

ジャニスは映像がなかなか見つからなくて
「At Seventeen」だけ 当時の映像を・・・
http://i-love-80smusic.blogspot.com/2007/02/at-seventeen-1974.html
Commented by nori at 2010-10-24 07:53 x
Sofiaさん

「you've got a …♪」なつかし〜い(*^o^*)
しばらくBGMにしてブログ作成します。
ありがと〜。
<< 京都で過ごした学生時代 第3章 京都で過ごした学生時代 第1章 >>