タグ:TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di ( 169 ) タグの人気記事

お松明


「今年もよろしくお願いします」
いつもは接点のない人びとが、年に一回顔を合わせて言葉をかわす
修二会は、同窓会のようなものである

二月堂舞台の全容が見えるポイントから撮影しました。
ここにいると、大鐘と堂内の鐘〜さしかけ、三度の案内などがとても良く聴こえ
お松明鑑賞の特別席かもしれない

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_7361412.jpg


by dukesaloon | 2017-03-11 07:45 | 修二会 | Comments(2)

彩雲


「瑞雲」ともいうようで、いいことがあるそうです。
五条に福寿草を観にいって遭遇。
そしてまさしく出会いに感謝する一日になりました。

PENTAX-KP
TAMURON 70-200 F=2.8

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1312610.jpg

by dukesaloon | 2017-02-26 13:16 | 大和路 | Comments(0)

モクモク

日中は久しぶりに気温が上がりましたが、夜明けのころはまだ冷え込んでいたので蒸気が元気です。
風も太陽と同じ方角から吹いて、煙が航空障害灯に染まりました。



写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_17292831.jpg

「高石コンビナート」2017年1月26日撮影

by dukesaloon | 2017-01-26 18:54 | osaka | Comments(0)

ゆきむし


ひるのラジオで雪虫の話題を耳にしました。

この歳まで、しかと認識してその虫を見た記憶がなく
画像を検索してみるが、そんな綿帽子みたいな物体が飛ぶさまを思い出せない。
今年は多雪の予感。
そろそろ冬タイヤかな。

画像は名残の紅葉
写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_18564249.jpg
d0058445_18565315.jpg
「龍隠寺」京都府園部
(2016年11月20日撮影)

by dukesaloon | 2016-11-21 18:26 | 京都 | Comments(2)

大仏殿遠望


東大寺境内のイチョウやナンキンハゼが色づいてきました。
入江泰吉さんが、春に秋に眺めた景色である。

彼が車を購入したのは晩年。
ふと、大きなカメラ機材を抱えてのぼったのだろうかと。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_8481190.jpg
2016年11月12日撮影

by dukesaloon | 2016-11-13 08:59 | 大和路 | Comments(6)

舞鷺


そのうちに白いサギが飛んできたけど
これはコサギじゃないと思うんだなぁ


写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_15501927.jpg
水上池(2016年10月30日撮影)

by dukesaloon | 2016-10-31 16:13 | 大和路 | Comments(0)

秋陽


寒くなるのを待って
コサギの目覚めをおさめたいと池に挑んだが、居たのはアオサギ
すでに別の場所に移動したと隣で望遠を構えたカメラマン
ほんとなのか

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_19182813.jpg
水上池
(2016年10月30日)

by dukesaloon | 2016-10-30 19:38 | 大和路 | Comments(4)

霧を纏う


連なる山々に漂う雲海が
こちらにも押し寄せてきました


写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_17464661.jpg
渋峠
(2016年10月11日撮影)

by dukesaloon | 2016-10-23 17:47 | JAPAN | Comments(2)

霜始降

 2016年10月23日は七十二候の霜始降。
太陽が顔をだすと、白く降りた霜は瞬くうちに溶けてゆきました。



写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_18195853.jpg
「ムラサキツメクサ」奥志賀高原
(2016年10月14日)

by dukesaloon | 2016-10-22 18:30 | FLOWERS | Comments(2)

秋の曙


峠を紅に染めたあと、太陽はすぐに雲にかくれてしまった。
雲海ハンターの名を汚さぬよう、遠征中は毎朝山に向かったのだが
そう簡単にビーナスは微笑んではくれない。

新兵器を連れての出陣となったが、この茜色がK-3IIsの流れを汲む「K-70」の発色だろう。
じんわり味のある愛機との使い分けで表現のひろがりに期待が膨らむ。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_15593115.jpg
越後川口にて
(2016年10月12日)

by dukesaloon | 2016-10-20 16:32 | DAWN and DUSK | Comments(6)