タグ:SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC HSM ( 377 ) タグの人気記事

花会式 結願法要

薬師寺修二会花会式のしめくくりとなる3月31日の初夜法要の前には、神供が行われました。
咒師が神々を勧請し、練行衆が読経の後持っている松明を放り上げて神々に献じます。
(薬師寺HPより)
写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_23154729.jpg
2016年3月31日撮影

by dukesaloon | 2016-03-31 23:18 | 大和路 | Comments(2)

お水取り


水取衆下堂
お水取りに、金襴の呪師帽をまとった呪師が水取衆(北二以下の五人)を従えて石段を下ります。
(写真上)

水取り
奏楽のなか、小浜から流れてきたという御香水を閼伽井屋で汲み、石段をゆっくりと上ります。
(写真下)

   参考「南無観」今駒清則 写真集 東大寺お水取りの光陰(奈良新聞社)

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_14455078.jpg

d0058445_17564245.jpg
2015年撮影

by dukesaloon | 2016-03-13 18:18 | 修二会 | Comments(0)

開山堂夕照

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_16335167.jpg
Mar,12,2015

by dukesaloon | 2015-03-15 16:37 | 修二会 | Comments(8)

お水取り(その2)

今年はじめてお水取りで汲まれたお香水をいただくことができました。
堂内で両手を練行衆に差し出し数滴いただき、ひと口はありがたく味わっていただき、後は頭〜全身につけました。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_15443981.jpg

by dukesaloon | 2015-03-15 16:17 | 修二会 | Comments(0)

お水取り(その1)

「お水取り」の行列は水取松明を道あかりに咒師が先頭となり、その後に牛玉杖と法螺貝を手にした北二以下五人の練行衆が続きます。(東大寺HPより引用加筆)

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_15431798.jpg
Mar.12.2015

by dukesaloon | 2015-03-14 18:57 | 修二会 | Comments(4)

布川の花祭り(湯ばやし)

「無病息災」

お湯はかけてもらいたし
されど少しでいい
まぁ、この際、しっぽりまいりましょう。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1453323.jpg
d0058445_1454568.jpg
過去の「湯ばやし」から掲載します(2012年撮影)

by dukesaloon | 2015-03-11 18:45 | 花祭り | Comments(0)

BITE MORE ( ^ω^ )

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1925547.jpg
布川の花祭り

by dukesaloon | 2015-03-09 19:26 | 花祭り | Comments(0)

「布川の花祭り」

夕刻から朝まで夜を通して舞い明かす花祭りが、奥三河数カ所に伝わっています。
春近い3月7日、久しぶりに布川地区の祭りにでかけました。
クライマックスの「湯ばやし」は翌朝7時頃からはじまり、舞い手が釜のお湯を観客にかけてまわると会場各所から歓声がわきました。
お湯がかかると無病息災とか。1年分のお湯をかけてもらってきました。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_20521460.jpg

by dukesaloon | 2015-03-08 21:10 | 花祭り | Comments(0)

日ごとに

裏参道の塔頭のお庭を拝見しながら二月堂に向かうのも楽しみのひとつ。
温かい陽射しに梅が膨らんで微笑ましくて、気持ちもほぐれます。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1259204.jpg

by dukesaloon | 2015-03-07 13:08 | 修二会 | Comments(6)

お水送り

3月2日21時
若狭遠敷川(おにゅうがわ)「鵜の瀬」から御香水が送られました。
この水は10日間かけて東大寺二月堂閼伽井屋に湧き出し、お水取りで汲まれます。
詳しくはこちらをご覧ください

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1940495.jpg

by dukesaloon | 2015-03-03 19:40 | 修二会 | Comments(6)