タグ:DA 17-70mmF4AL[IF] SDM ( 19 ) タグの人気記事

「油はかり」二月堂修二会

 観音さまの月法要がお勤めされるなか二月堂南出仕口で、油はかりが行われました。

油はかりでは、修二会で灯明に使う菜種油を三つの油壺に注ぎ、木の定規で量り封印、堂内に納められます。
法要の合間に処世界さんを随えた堂司さんが見守るなか、講のかたがたが、油壺に油を注ぎます。

こぼれた油がお堂の床につかないように、「二月堂百人講」と書かれた紙を敷きます。この紙は、講の中で希望される方にお譲りされるのだそうで
いくらか油の跡があったほうが良さそうです。
今年も油が適度にこぼれました。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_19485492.jpg
d0058445_19503127.jpg
d0058445_19542694.jpg

d0058445_194836100.jpg


by dukesaloon | 2017-02-19 19:57 | 修二会 | Comments(0)

参道の梅ほころぶ


二月堂参道紅梅が、開きました。
11日は、修二会お松明の材料にする竹を講のかたがたが運び込まれ、しだいに「お水取り」が近づいてまいります。
2月15日 練行衆(新入さん)別火入り
2月18日 「油はかり」 灯明につかう油の量を測る儀式
2月20日 練行衆別火坊入り
と次第に準備が進み、これ以外にも様々な準備がすすめられます。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_16283052.jpg

二月堂参道の紅梅が見ごろに
d0058445_1628404.jpg

食堂に映るお松明観覧席に雪がうっすら積もっていました
d0058445_16284992.jpg

手水横水槽に浮かんだ手桶に「二會」の文字が見えます

東大寺二月堂にて(2月11日撮影)

by dukesaloon | 2017-02-13 17:47 | 修二会 | Comments(0)

講堂跡薄化粧


奈良には、思わせぶりな天気予報です。
今日も一時さ〜っと降りましたが
直ぐに止んでしまいます。
写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_825562.jpg

by dukesaloon | 2017-02-12 08:25 | 大和路 | Comments(2)

お堂に後光(若草山山焼き)


28日 若草山の山焼きが行われました。

多くの人が見守るなか
18時30分 花火に続いて、若草山一層目に点火。
ことしはお天気に恵まれて、パチパチと音を立てて一気に燃え上がりました。
月が変わりますと二月堂修二会にむけ、心がはやります。
大和路の一年がはじまった思いです。

人気の行事でどの駐車場もいっぱい。
停められなくて帰った人もいたそうです。
こちらも、駐車場から出るのに随分待ちました。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_931196.jpg

by dukesaloon | 2017-01-29 09:42 | 大和路 | Comments(6)


写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1775570.jpg

by dukesaloon | 2017-01-15 17:09 | PEOPLE | Comments(4)

暮れる飛火野


入江泰吉さんの朗読劇を観たあと飛火野を散策。
いつもの木の下では、若いお二人が何やらジャンプしての記念撮影に余念がない。
こちらからはお月様が綺麗だよといいたくなりますが、余計なお世話でしょう。


写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_10425497.jpg

2016年12月10日
WB:昼間蛍光灯

by dukesaloon | 2016-12-11 10:49 | 大和路 | Comments(8)

嵐山霧景


一日冷たい雨。
霜につよいと花屋さんで教えてもらって
赤いガーデンシクラメンを植えたら、テラスが明るくなりました。


写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1845212.jpg
2016年11月27日撮影

by dukesaloon | 2016-11-27 18:47 | 京都 | Comments(4)

里の秋


桜名所は、紅葉名所
まっかな葉っぱが
朝日に映えて村を染めていきます

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_836520.jpg

三重県三多気
2016年11月05日

by dukesaloon | 2016-11-06 08:46 | JAPAN | Comments(8)

都祁水分(みくまり)神社 神輿渡御


秋季例祭では水分神社の神様が、かつての住まいである都祁山口神社に一泊里帰りをなさいます。
神輿は室町時代建立といわれ、道中に何度か休憩をしながらすすみ
村人たちが、沿道でお見送りされました。

写真は山口神社でお過ごしになられ、水分神社にお帰りになるところです。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_188693.jpg

d0058445_187536.jpg
奈良市都祁友田町
2016年10月30日撮影

by dukesaloon | 2016-11-02 12:22 | 大和路 | Comments(2)