<   2014年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ことし出会った絶景

今年も大変お世話になりました。
みなさま良いお年をお迎えください。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_19141490.jpg
2014.10 新潟県木沢の雲海

by dukesaloon | 2014-12-30 19:16 | JAPAN | Comments(8)

「ほたるみち」ことし出会った絶景

都会の小さな林に生きながらえ
恋人さがしの一夜を飛びまわるヒメボタル

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1328533.jpg
2014,5 吹田市

by dukesaloon | 2014-12-30 13:53 | ホタル | Comments(2)

ことし出会った絶景

2014年2月、大阪から仙台に向かう飛行機は飛び立ったあと
新潟県上越、猪苗代湖からいったん太平洋上にでたあと引き返して、仙台空港に侵入。
このときは、ちょうど福島相馬港上空を通過したもよう。

地図をご覧になるにはこちら

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_13541167.jpg
2014,2 福島県相馬上空

by dukesaloon | 2014-12-29 17:17 | JAPAN | Comments(6)

ことし出会った絶景

地元カメラマンさんとの星峠の出会いが、こんな光景をみせてくれることになるなんて。
教えてもらったその足で下見にいき、翌朝まだ暗いうちから手探り足探りででかけたのでした。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_22462459.jpg
2014,10 新潟県木沢

by dukesaloon | 2014-12-28 22:44 | JAPAN | Comments(6)

講評

12月23日に授賞式でお二人のプロにいただいた講評を報告します。
(加筆を極力控え口語に近い形で文章にしました)
まことに光栄なことで、恐縮です。

「佐藤秀明さん」講評

子供達と上の柿がいいです。
本来電線が邪魔なのですが、電線があってかえって身近に感じます。
余計なものを切っちゃうというよりも余計なものをあえていれる。
いれてこういう日常の情景を出すというのもひとつの手だと思います。
朝の霧の霞んだいい風景ですね。


「辰野清さん」講評

通常、画角・ねらいがこういう風景で画面整理で言うのであれば
もう少し切り込んでいくという撮り方が先ず浮かんできます。
でもそれに加えるという画面整理も実はありまして、なんでも引き算というのではないです。
加えることによって何が生まれるかというと空気感ですね。
加えた段階でバランスをとることができれば、空気感いわゆる情景を作り出すことができます。
これが、まさにこの写真の特徴だと思います。
のどかな通学路で主役の子供達と柿がいて、いってらっしゃいという言葉をかけているかのような内面性を持っています。
奥深いいろんな見方ができるいい写真です。

参照
入賞報告エントリーはこちら

d0058445_23161666.jpg
2014,12,23 リコーイメージングスクエア新宿

by dukesaloon | 2014-12-26 23:19 | コンテスト | Comments(9)

クリスマスが終わって

うれしい楽しいお祝いの日々の余韻を身体に感じながら
退職後の手続きやプリントで忙しくすごす
明日からはまた未来に向かって

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1513491.jpg
新潟県木沢 2014,10

by dukesaloon | 2014-12-26 01:45 | JAPAN | Comments(6)

東雲特急

寝台特急「トワイライトエクスプレス」が来春で運行終了。
次つぎと寝台特急が姿を消してゆくのは寂しいかぎり。
かわりに「ななつぼし」は誕生しているけど、ちょっと違うんだな。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_22175342.jpg
新淀川大橋 2014,12

by dukesaloon | 2014-12-21 22:32 | DAWN and DUSK | Comments(2)

蔦風

うつの山つたの葉もろき秋風に夢路もほそきあかつきの空(大僧都心敬集)

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_8542321.jpg

by dukesaloon | 2014-12-21 09:02 | JAPAN | Comments(4)

「二月堂良弁杉の由来」

今朝は、暗いうちから二月堂のお参りに。
お堂を拝見しているうちに「良弁僧正親子対面之図」とかかれた奉納額に気付いた。
いや前から拝見していたのだが今朝は撮影しようと思ったのだ。
なんだろうと検索して「良弁杉の由来」という歌舞伎の演目にいきあたった。

大鷲にさらわれ二月堂で育った良弁さんと長年探しもとめた母親が再会するという有名な説話のようで
こういう良弁杉のストーリーと出会った「還暦」を迎えた朝でした。

良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)
歌舞伎のお供
http://blog.goo.ne.jp/yokikotokiku/e/a6a4a2ba1e6832ad850bb7a2ff7da72c

YouTube(長いですが31分ころから親子の対面がはじまります)
第二十二回 土佐絵金歌舞伎「二月堂良弁杉の由来」


写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_16202927.jpg
「良弁僧正親子対面之図」
d0058445_16205173.jpg
「二月堂舞台下に立つ良弁杉」

by dukesaloon | 2014-12-18 16:46 | 大和路 | Comments(0)

帰港

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_19233868.jpg
2014.12 和歌山県荒船

by dukesaloon | 2014-12-17 19:29 | JAPAN | Comments(8)