京都で過ごした学生時代 第1章


「京都市左京区下鴨宮崎町54」
d0058445_20311970.jpg
下宿の前にある三平屋さんで食パンや乾麺を買ったものだった


40年も前に過ごした下宿住所が今でもスラスラと出てくるのがおもしろい。
毎週のように届く手紙には、細書きのハッパフミフミ万年筆でこの宛先が蒼インクで端正に書かれており、幾度となく書かれた言葉を読みかえした。

京都駅から葵橋経由植物園行き「5番」電車、『糺の森』電停から西に入ったところがここの住所。
友禅絵付け職人さん宅の二階が僕の下宿だった。
「ガラッ」と格子戸を開けると玄関までが踏み石で、左に蹲(つくばい)右におじさんの職場があり町屋づくりの部屋が奥に長くつづいていた。
友禅職人のおじさんは、朝から晩までいつもこの部屋で色付けをしていた。
電話があると小太りのおばさんは、優しい人で「おのさ~ん電話ですよ~」と2階に声をかけて気安く取りついでくれて、
黒いダイヤル式の受話器の向こうから聞こえてくる女性(ひと)の声に胸をときめかせたのだった。
それで話が終わることはなく、サントリーレッドの大瓶に貯めた10円玉をジャラジャラとコートのポケットに詰め込んで糺の森電停近くにある公衆電話ボックスにむかった。
たまにこの公衆電話は10円玉が一杯になりいくらでも話せた。
d0058445_20231532.jpg
姿は変わったがその電話ボックスはいまもあった


下宿の部屋は、二階に在る四部屋といちばん広い六畳間をベニヤ板で仕切って二部屋にした合計6部屋で、最初ボクは仕切った奥のほうの部屋に下宿した。
隣に住んでいる一回上級の産大生が、新聞を読んでいるのか辞書か漫画なのかは、聞こえてくる音で聞き分けることができた。
1階にあるトイレは大家さんと共同で二階には洗面台がひとつあるだけ。
ここで水を汲み電気ポットで湯を沸かしチキンラーメンが主食の毎日だったがそれほど貧しいと思ったことは無かった。
仕送りが届いたときは奮発し隣の下鴨飯店でレバもやし定食と焼き餃子や洋食屋「のらくろ」でトルコライスを奮発した。
風呂は二日に一回の割合で、近所の銭湯に通った。
このころは洗髪料金は追加で払った。
神田川じゃないけど洗面器を抱えて歩く冬の夜道に、石鹸箱が本当にカタカタ鳴った。
パチンコで勝つとお風呂の帰りに赤提灯でアツアツの大根とゴボ天で飲むのがこの上ない贅沢だった。

つづく

d0058445_20411834.jpg


(このエントリーは、2010年の記事を再編集し画像を更新したものです)
by dukesaloon | 2015-11-29 21:11 | 京都で過ごした学生時代 | Comments(8)
Commented by nontan91 at 2015-11-29 22:04
あの〜、文章が素晴らしいです!
noriさん、ホントは小説家だったの?
まるで一緒にそこで暮らして同じ光景を見ているようです。
いくら丁寧に説明しても、その情景が全く浮かんでこない作家もいるのに
noriさんは凄いです!
Commented by k7003 at 2015-11-30 05:47
まったましたぁ(^^)/
Commented by nori at 2015-11-30 12:21 x
のんたんさん

マジですか?おおきにです。
芥川賞目指そうかな(笑)
この経験がのちの人生の糧となっていると思います。
Commented by nori at 2015-11-30 12:23 x
NKさん

ありがとうございます〜。
できるだけ続きを頑張ります^^;
Commented by シンシア at 2015-11-30 23:25 x
こんにちわ~

お話に出てくるお店が今でも写真に撮れるのが凄~い!!!
40年もお店が続いてるのですものね・・・・・・
Commented by fuuko at 2015-12-01 08:51 x
noriさん
手紙と万年筆、公衆電話と10円玉が必須アイテムでしたね^^
甘酸っぱい思い出が蘇りました。

Commented by nori at 2015-12-01 12:18 x
シンシアさん

変わらない眺めがあってとても懐かしく思いましたよ。
40年以上前のことは知りませんが、京都は戦争の被害が少なかったことでしょう。
Commented by nori at 2015-12-01 12:19 x
fuukoさん

懐かしいですね。
甘酸っぱいの?(*^^*)
<< 京都で過ごした学生時代 第2章 東薗目の花祭り >>