花一会

色々な写真家さんの桜を拝見し、むこうに夕陽や朝陽をいれて撮りたいなぁとおもっていますが、まだそのシーンに出会えずにいます。
今回はの弘前公園で照明に浮かぶ花に会い、そのように撮らせていただきました。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_1693517.jpg

by dukesaloon | 2015-05-16 16:23 | FLOWERS | Comments(4)
Commented by 城南太郎 at 2015-05-16 23:48 x
こんばんは!

見事な枝垂れ桜ですね。
ピンク色がなんとも言えず可愛いですね。
時間とともに表情が変化していくのでしょうか。
この瞬間がとても綺麗で輝いて見えます。
まさに「花一会」ですね。素晴らしいですね。

まだ出会えないシーンは来年に・・・
楽しみにしてます^^
Commented by dukesaloon at 2015-05-17 17:36
太郎さん

ありがとうございます。
昼間の明かりではお目にかかれない色かもしれませんね。
薄暮からこの花のまわりにおりましたが、まわりが少しく暗くなったこの時間が一番輝いていました。
黙っていると朝の写真のようにも見えます。
長時間ですが風の影響がないですね。
一会はいつどこで出会うかわかりませんね。
Commented by fuuko at 2015-05-19 07:19 x
この桜を見てると以前撮られた祇園の踊り子さんを思い出します^^
艶やかなのに可愛らしい♡
つくしや蛍もnoriさんの自然愛が溢れていて癒されます。
Commented by dukesaloon at 2015-05-19 09:27
祇園祭りの舞妓さんはとても洗練されて上品ですよね。
この花も多くの人々に育まれ見守られそれは見事に咲いていました。
つましく謙虚に精進の賜物でしょう。
ある方がnoriさんは被写体に何度も通い良いところを見極めてから撮るねと言いました。
なかなか良くみてるなあとちょっとビックリしたのです。
土筆もホタルもみんな愛おしい日本の美だと思います。
<< 陽光 棚田の春 >>