われわれにできること。

うつらうつらしながらも、「TOKYO」に決まるまで中継を観ていました。
佐藤真海選手が輝いていましたね。

まずはおめでとうございます。
宮様をはじめ招致にかかわった方々の努力に敬意を払います。

汚染水・原発処理の質問に対する安倍総理や竹田理事長の発言には、
えっ?そんな言い方?
福島の人はどう思うの?と。
しかし、TOKYOに決まった瞬間から総理や理事長の立場だったら他に応え方がないかもしれないと変わっていく自分もいました。
地下水の遮蔽壁はオリンピックのためじゃない。
実態を報じないマスコミや相変わらず事実を公開しない政府にも呆れます。
投票した人たちは、それでもこの国の復興を期待しチャンスを与えたように感じます。
世界はこの国の将来に希望を持ちました。
小学生のとき、体育館ではじめてのカラーテレビでチャスラフスカさんを観たことを今でも憶えています。これからの子供たちにできること。ひとりひとりは小さなことしかできませんが、少しでも正の遺産を残したい。
66歳で迎える二度目のスポーツの祭典に向けて記す。

写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。
d0058445_11183582.jpg

by dukesaloon | 2013-09-08 11:39 | JAPAN | Comments(2)
Commented by yuhu811 at 2013-09-11 16:02
オリンピック応援のポスターに、そのまま使えそうですね!
うつくしや~♪

朝、テレビを付けて「TOKYO決定」を知ったのですが、かなり驚きました。
空爆よりも経済危機よりも放射能を選んだ?終息に望みを託した?のでしょうか・・・
もう決まったことなので・・・それでは本当にまずはブロックそしてコントロールしてほしい。

7年後、私は65歳です!(びっくり~~~~笑)
東京はまたも大変化しそうです。。。。。私も大変化するけど?!
大変化を見なくちゃ、生きなくちゃって思いました。

決まったからには、成功することを祈ってます。
Commented by nori at 2013-09-14 09:38 x
たーさん
ご返事が遅れました〜^^
この一枚は、右窓席に座り青い時間が迫ってきたときに、進路変更で旋回、垂直翼に夕陽が射したところです。
いいタイミングでした。ぜひポスターに使ってください (^.^)

東京開催の決定から1週間、汚染水について色々な事柄が明らかになってきました。
最初からわかっているハズじゃんと思いつつ、事実が少しでも伝わることは前向きだと思いポジティブに捉えています。
66歳というのは当年とってですから、たーさんはためなんですね。
あと7年はあっという間でしょう。
1日1日を大切に過ごしていきたいです。

追伸
安野光雅さんの絵本1〜全部近くの図書館にありそうなので行ってきます。
「迷いの旅」楽しみじゃ♪
<< 岸和田だんぢり祭り Landing >>