ありがとう「春の小川」

画像クリックで拡大できます
d0058445_22221459.jpg
犬山市新郷瀬川(Apr 2006)

引越し前
この桜並木に感謝を伝えに行ったのだが
側の桜が、見事に無くなっていた
伐らざるを得ない理由(わけ)があったのだろう
込み上ぐる昂ぶりを抑えつ
再見を告げたのだった
by dukesaloon | 2012-04-28 22:46 | JAPAN | Comments(6)
Commented by k7003 at 2012-04-29 04:26
この美しい樹を伐らねばならないワケなんて、どう深く思い悩んでも、思いあたらない。税金泥棒の公務員の仕業だ。ちょーハラタツノリ。(>_<)
Commented by fuuko at 2012-04-29 08:18 x
noriさん
そうなんです。そういう事に関しては迅速に処理するのが公らしいです。
春になると数年前に目の前に咲いていた数十本の桜を思い出します。
今は土地計画のために杭を打たれ雑草が生えているだけです。
誰のための計画でしょうか・・・

P.S.
お忙しいのにリコメをくださってありがとうございます。
Commented by nori at 2012-04-29 08:39 x
NKさん
ご一緒くださった思い出のこの桜が消えたことはとてもショックでした
ワケはあるのでしょうが
植えた人桜を愛でる人の思いをどう考えられたのか聴いてみたい気もします
保存もパワーが要ることですし^^
Commented by nori at 2012-04-29 08:43 x
fuukoさん
おはようございます
fuukoさんも悲しい思いをなさったんですね
こういうことの積み重ねを文化と言うんでしょう
(目の当たりにして)写真を撮る時だけでなく
日常生きるさまも気をつけなければと襟を正す気持ちです
「この並木ホントウに良い桜だった〜」
Commented by 1203 at 2012-04-29 19:13 x
プロカメラマンにはさっき連絡しました、
車の運転気をつけて、
楽しみにしています、
との事でした.......
連休中は覆面いっぱい出てますから気をつけてネ.......
Commented by nori at 2012-04-29 19:20 x
1203 さん
多謝!
<< 山里の寺桜 淡き夢(常照皇寺) >>