樹精「淡墨桜」

画像をクリックして大きなサイズでご覧ください
d0058445_16161825.jpg

d0058445_16163221.jpg
Neo Motosu Gifu(2011.4.16)
凄い偶然前回にこの桜を撮影したのはなんと同じ4月16日(2006)

「ワタクシはどんなイメージですか」
敬子さん
あなたの質問にお応えします
「1,500余年も生きているこの華より強いパワーを持っています」

彼女は、とてもチャーミングで素晴らしい好奇心の固まりでした
「ココは何処ですか?」
「レンズは何mmが必要ですか?」
「画像処理ソフトは、プリンターは?」
矢継ぎ早に飛び出してくる質問は、何でも聞いて吸収しようと言う意欲に満ちており
まさか、2ヶ月前に大手術をなさったことを微塵も感じさせない
そしてインプットした情報は確実にアレンジしてご自身のものにされている
素晴らしい写真とお仕事の秘密を垣間みた気がします
ボクは撮影にご一緒くださった貴女からパワーをもらいましたよ

彼女のブログ「生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく」の一部を紹介
過去のフォトエッセイストとしての記録
by dukesaloon | 2011-04-17 16:17 | FLOWERS | Comments(8)
Commented by でか at 2011-04-17 21:36 x
薄墨桜は初チャレンジの時どう撮影していいか
あまりの難しさに尻尾を巻いて逃げだして以来
リベンジする気にもなれない桜です。
noriさんの切り取りは
太い幹からワッと一斉に腕を振り上げる
桜の力強さがよく出てますね(^^)v

今年も綺麗に咲いて良かったです。
Commented by pekebouzu at 2011-04-17 21:43
力強さを感じる1500年のもの年輪を重ねた枝ぶりを的確に表現されるとこ・・・さすがですね。
感動いたしました。
Commented by G1 at 2011-04-17 22:50 x
サクラは綺麗、優しいだけではないと知りました。
サクラの迫力に圧倒されました。

生きる歓びをめざしたい。心豊かに美しく、いつも明るく生きていきたい・・・(^-^)

自分もそう生きたいと強く思います。

感動しました。
Commented by nori at 2011-04-17 23:30 x
でかさん
おっしゃる通りぼくもこの樹を撮るのが苦手です
そして開花時には必ずは多くの見物する人が居ます
そう言う撮り方も試みましたが納得いきません
淡墨櫻のパワーを伝えるアングルがどこかにあるはず
おまえにはまだまだと笑われているようにも感じます
なんだか永遠のテーマになりそうな気がしてきました
櫻名手のでかさんに撮ってもらいたいな
Commented by nori at 2011-04-17 23:34 x
pekeさん
これだけの大女優さんに向き合うと綺麗な一部分を切り取るのが精一杯でふうふうです
暖かいコメントに報われました
どうもありがとうございます
Commented by nori at 2011-04-17 23:41 x
G1さん
あっ!サクラの迫力ですね
ジツは、岐阜県美術館で加藤東一さんの屏風画を観てこの淡墨桜の力強さを現したい
そんな気持ちで撮影に臨みましたので少し伝わったのかもしれないです
同行された人に教えていただきましたが、230箇所もの根継ぎを施して頑張っているんだそうです
そう生きたいと願われるお気持ち同感
連続投稿ありがとうございます
Commented at 2011-04-19 04:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nori at 2011-04-19 06:38 x
鍵さん
どうも^^
<< いたずらな春風 新緑 >>