熊野灘遠望

d0058445_1521841.jpg
Odaigahara Kawakamimura Nara
by dukesaloon | 2010-10-11 15:10 | DAWN and DUSK | Comments(14)
Commented by k7003 at 2010-10-11 18:11
たいがいあちこち行っては写真撮ってるボクですが、行き残していて、いつかはきっと行くぞーと願っている場所が二つあります。
その1は、南イタリアの寒村アルベロベッロと、
その2は、大台ケ原、なのです。
いずれも、他人の写真を見ては、ボクだったらもうちょいこう撮るんだけどなぁ~などと、生意気なことを考えてるのですがぁ、
大台ケ原は、nori さんのこれで、キマリです。もうボクは行く必要なし。
生涯の目標の2を、今から、台湾の田舎のアヒルの群れに変更しまぁす。その節は、Nina さん、よろしくね。(@^^)/~~~
Commented by mugen36 at 2010-10-11 19:10
魂が吹き込まれた、水墨画のようです。
Commented by 【ぴょこ部屋】ョ*・Θ・^)  at 2010-10-11 20:06 x
今日は 神がかった場面に よく遭遇する日だなぁぁぁっっ♡+。・゚・。+(● ̄・ ̄艸)

霞んだ おひさまに こころ 見透かされて ぼーっとしてる σ(*・Θ・ぴ)あたし♪が
ここに おりますよぅ~っ♪(・゚Θ゚・)+。・゚・。+♡
Commented by pekebouzu at 2010-10-11 21:49
幻想的ですね。言葉がありません。
閣内にも、見所がいっぱいありますね。
でもなかなか手が届かない。

こいう場所は、大事にしないといけませんね・・・
Commented by deka3073 at 2010-10-11 22:22
霧でデフューズされた光が妖しく熊野灘の輪郭を浮かびあがらせてますね。
さすがは名手noriさん。
この時の光と空気がしっかりと写し込まれてますね。
嫉妬しちゃうな~もう(^_^)v
Commented by fusami at 2010-10-12 00:18 x
こんばんわ~

参りました~
いつか こんな絵を描きたいです
等伯の 「松林図」の世界です
noriさん 今日 南禅寺の金地院で
等伯の襖絵を眺めてたんですよ
以心伝心ですか~
Commented by evecookymama at 2010-10-12 06:09
noriさん
出石に行ってきました!もちろん皿そばが目的だったけど
「喧嘩だんじり」の日だったんです。
いなせなお兄さん、年老いた担ぎ手さん、青い目の方も参加
11基のだんじりがぶつかり合うさまは迫力もあってすごかったです。私の横にnoriさんらしいダンディーなカメラマンがいましたよ!
まさかね~
大台ケ原、昔行ったことありますが、「歩く」事の夢中で景色をあまり覚えていません。怖いくらい素敵です。
Commented by nori at 2010-10-12 12:19 x
NKさん

アルベロベッロ行きたいです~。アルベロベッロ貯金しませんか?
白壁と独特の屋根に朝夕の光が当たるさまを写しとってみたいです。
大台ケ原は、NKさんが麺哲で是非行くべきと背中を押してくださり
でかさんに道案内や防寒具を貸していただいたおかげ行くことができ、
まさかの登山からも何とか下山できました^^
今頃ふくらはぎがヒリヒリしています。
いつもご褒美のコメント嬉しい限りです。ありがとうございます。
台湾のアヒルどんなんかな~(*^_^*)
Commented by nori at 2010-10-12 12:19 x
クニ丸さん

ご覧下さったんですね。
クニ丸さんの作品やブログに刺激を頂き励みにさせていただいています。
魂も阿蘇から送っていただきました。
ありがとうございます。
今週、御料地方面をウロウロさせていただきます^^
Commented by nori at 2010-10-12 12:20 x
ぴょこたん♪

ほうほう、神がかった遭遇が続いたのか~。
ぴょこたん♪に神が近づいてきたわけだね。
この写真で霞んだおひさまの心を感じていただいたのならとても嬉しいです。
微かな金色が、嬉しい発色でしたから。
パワーを送りますね~。
Commented by nori at 2010-10-12 12:22 x
pekebouzuさん

大事にしたい、本当にお言葉の通りだと思います。
日本は、山里があり海があり都会ありで素晴らしい国です。
この美しい自然を記録に残したくて朝夜走ってはカシャカシャやっています。

嬉しいコメントに励まされ、また活力が沸いてまいります。
いつもご覧下さりありがとうございます。
Commented by nori at 2010-10-12 12:24 x
でかさん

いくらお礼を述べても足りません。
お誘いくださり、知識を惜しみなく教示・導いてくださるのですから。
冗談じゃなくてまさかこの方向に海があるのを知らなくて、
「太陽が二つある~」と叫んでしまいました。
的確に海があることを示していただいたことでこの写真を撮ることになったわけで。
日の出や富士山が見れない天候もかえって霧の風景に出会えて好かったです。

お互いに嫉妬じゃ埒が明きませんよ~^^
Commented by nori at 2010-10-12 12:26 x
fusamiさん

「!」です。
以心伝心ってあるんですね?(先日の宍道駅にもドラマがありましたし)
この日の互いの行動は神のみぞ・・・ですからねっ!!
ボクはね、でかさんがいろんなパワーを送ってくれているようにも感じています。
等伯「松林図」の世界とは、役者不足というかとんでもないですが、目指していきたいです。
ありがとうございます。
あっ、金地院では「松林図」じゃなくて襖絵ですね。
勘違い激しいおじさんは落ち着かなければいけません。
fusamiさんの展覧会、いつか絶対見せてください。
機会がありますように・・・拝
Commented by nori at 2010-10-12 12:28 x
eveさん

怖いくらいと嬉しいお言葉に恐縮です。
出石に行ってらしたんですね。香り高い新そばでしょ。
お天気にも恵まれてよかったですね。
ぶつかり合うだんじりに、かなりそそられています。
お隣のフォトグラファーさんは絶対違いますよ。
哀愁カメラマンのボクはダンディじゃ無いですから~^^

一昨日は、室生寺さんで天皇両陛下をお出迎え出来、
妃殿下のお優しい笑顔に癒していただきました。
<< 夢幻図 RAIN >>