去年の春逢へりし君に恋ひにてし桜の花は迎へけらしも

d0058445_9505419.jpg
エドヒガン(光明寺木曽川堤)
by dukesaloon | 2010-03-21 09:33 | FLOWERS | Comments(2)
Commented by k7003 at 2010-03-22 03:50
なかなかこういう「春霞」には恵まれません。なかなかこういう人物の遠景には恵まれません。っていうかぁ、根性こめて自分でこれをつかみに早朝から出かけた noriさんにこそ与えられた神様からのご褒美なんでしょう。☆彡
Commented by dukesaloon at 2010-03-22 07:11
NKさん
ありがとうございます。
香積院からこの堤に向かう途中"霧だぁ"と遠くが霞んでいるのをみながら、高速を飛ばしたのでした。

だれも黄砂だとは思わないでしょ^^
<< 春雨に争ひかねて我が宿の桜の花... 「見とれるばかり」円明寺の枝垂れ桜 >>